ダイエットと食事について

ダイエットと食事について

さて本日はダイエットと食事についてのお話をさせていただきます。

 

ダイエットを成功させるためには運動と食事のバランスがとても大切になります。

 

しかし良くありがちなのが一生懸命に運動を行ってもその後にカロリーを考えずに食べてしまったことによって全く体重が減らなかったりもしくはそれ以上に体重が上がってしまうと言うと言う言わば運動をしているからこれ位は食べても大丈夫であろうと言う感覚からくるものです。

 

 

 

ですので食事には気をつけないといけない訳ですが、その中でも大切なのが炭水化物の摂取についてです。

 

炭水化物とは白米やパンなどの米や麦から出来ているものですがこれらは我々が活動をするパワーの源となるものです。ですのでとても大切な成分になりますが、夜ご飯の時にたくさん食べてしまうと夜は朝とは逆で食事後の活動量は著しく少ないのでカロリー消費があまりありません。

 

ですのでお腹に炭水化物が溜まったまま睡眠に入るともちろん太る原因になってしまいます。朝ごはんの時はたくさん食べても良い分、夜の炭水化物はなるべく少なめにしましょう。

 

また、普段からオレンジジュースやコーラを飲んでいる方はこれらのジュースは美味しい分糖分が多く含まれています。ですので特にオフィスワークで活動量が少ない仕事の方は地味に太る原因となります。なのでダイエット中に一番良いのは水です。水にはミネラルが多く含まれており体への吸収も早いので害はありません。

 

水は一日1リットル〜2リットル位飲んでも大丈夫なのです。但し一気に飲んでしまうとお腹を壊してしまいますので小まめに飲むことが大切になります。

 

また普通の水が飽きてしまった場合にはレモン水や炭酸水を飲んでもカロリーはありませんので良い代替えになります。他には就寝をする3時間前には食事を終わらせて消化にきちんと時間を費やすことで睡眠時にカロリーがお腹に溜まってしまうことを回避できますので食事の量もさることながら、食べる時間にも気をつけると良いでしょう。