体重以外のダイエット時の目標設定

体重以外のダイエット時の目標設定

これから夏に向けてダイエットを行うと言う方も多いのではないかと思いますが、まずどうしてダイエットをしようと思ったのかを考えてみましょう。

 

例えば夏にプールや海に行く時には水着になります。その時にくびれのあるウエストラインを作るためには今の体系ではポチャッとしているのでダイエットをする必要がある、もしくは仕事でノースリーブやスカートを履く機会が多くなり人の目が気になるので恥ずかしくない程度まで痩せたいなど、正にこの様なことが動機になるのです。

 

そして実際にダイエットを始めると皆さまが気にすることは何になるでしょうか?それは日々の体重管理になると思います。それは毎日体重計に乗って今日は何キロ減ったですとか今日は減らなかったとかを気にする毎日の繰り返しになると思います。

 

これはもちろんダイエットを始める前の目標設定として決めた期限までに5キロ痩せようとか10キロ痩せようなどと目標を決めるので体重を気にすることは間違えていることではないのですが、しかしダイエット期間中には必ず停滞期があります。

 

ですのでこの停滞期に毎日体重計に乗っても殆ど変わりない日々が続くのですが、実はこの変わらない体重を見てダイエットを止めてしまう方が多いのです。またこの場合の心境と致しましてはもうこれ以上ダイエットをしても体重が変わらないのではないかと思ってしまうのです。ですのでこのことを避けるためにもダイエットの設定を体重ではなくてウエストや、予め購入しておいた1サイズ小さめの洋服にしておくと良いでしょう。

 

最終的にその洋服が着れる様になったということはダイエットに成功したことにつながりますので結果として体重も下がったと言うことになります。また二の腕や太もものダイエットについては今より5センチ細くなろうと言う目標設定をすることでその部位に特化をしたダイエットをする様にもなります。この様に体重以外の目標を定めることで違った意味でのダイエットを楽しむことができます。