記録して痩せる。レコーディングダイエット

記録して痩せる。レコーディングダイエットとは

レコーディングダイエットは知っていますか。毎日、日記のように朝・昼・夜の食べたものを細かく記入し、その日の体重を計るだけでダイエットができてしまうというすごい方法です。

 

食べるものの制限はないとのことで、一時期、流行ったダイエットですが、これを実際に体験した私が、検証します。

 

食べたものを根気強く記録すること自体が、結構大変でしたが、結論から言うと、痩せます。ただし、ある事がきっかけで痩せます。記録をしているうちに、「気づき」があるのです。

 

初めて知ったのが、某テレビです。本当かどうか不思議でしたが、試してみます。1週間経って、数字は変わりません。が、1週間で食べた内容が分かります。野菜が少ないのか、肉類が多いのか、お菓子が多いのかなど、自分自身の食べているパターンをなんとなく、ですが知る事ができるのです。

 

3週間目になると、食事の中で何が、肥満をうんでいるのかを理解できます。私の場合は、パン、うどんなどの小麦粉でした。これを食べすぎだなと感じました。そう思ったので控えることにしました。といった感じで、食べ物の内容に気づくことが秘訣だと思います。

 

食べる内容に気づき、それを減らすなり制限するなりすると、徐々に体重計の数字が減ってくるのがメカニズムです。だから、安易に、記録をすれば痩せるということは、信じないでください。記録をして、食べている物の量や質に気づき、それを減らすことで痩せるのです。

 

レコーディングダイエットは、すぐに体重には変化しませんが、記録をとる根気強さと長期的に痩せる方向けのダイエットです。時間はかかりますが、徐々に体重が減っていくことは、大変な快感です。鏡に映る自分自身の姿が、少しずつ減っていくのがうれしいです。

 

その痩せる姿を、是非、写真に撮ってみてください。その写真が、後々、素晴らしい記録となり、最終的には自信となります。痩せた後に、これをスライドショーで見ると、ほんとうに「やりきった!」という気持ちと溢れる自信が育ちます。