炭水化物を冷やすダイエット

炭水化物を冷やすダイエット

ダイエットを志す方はたくさんいらっしゃいますが、なかなか続けるのは難しいです。

 

食事を減らすダイエットは効果はありますが、食事というものは、人の生活には不可欠なものなので、お腹も好きますし、それを制限するのはとても大変なことです。そんな方にお勧めなのは、炭水化物を冷やして食べるというダイエットです。

 

炭水化物は基本糖類なので、太りやすいです。よく炭水化物抜きダイエットなどがありますが、なかなか続けるのは難しいです。しかし、炭水化物を冷やして食べると、レジスタントサーチというものが働きます。その結果、太りにくくなるという嬉しい効果があります。冷やすといってもキンキンに冷やすのではなく、冷蔵庫に置いておく程度で良いので、楽に冷やす管理も出来ます。

 

ご飯やうどん、パン、パスタなど、ありとあらゆる炭水化物に効果があり、冷やして食べるだけなので、楽にダイエットが行えます。元々冷たい冷やし中華やそうめんなどは、そのまま食べるだけで効果があります。

 

日本人の主食は、米です。子供の頃から米を食べて生きてきた日本人には、米抜き、炭水化物抜きのダイエットはとても難しいです。しかし、冷やして炭水化物を摂取するだけで、このダイエットは効果がありますので、炭水化物を抜かずにダイエットを行うことができます。

 

さらにこのダイエットと並行して、脂物を控えて、野菜中心の食生活を行えば確実に痩せていくことが出来ます。体を動かすダイエットを行っても、食べてしまえばその努力は、報われません。ダイエットのポイントは食べ物に注意することです。

 

どうしてもお仕事のお昼、外食などでは、炭水化物は、温まった状態で出てきます。その時は、お弁当を持参したり、コンビニ弁当はワザと温めなかったり、なるべく冷えた炭水化物で外食を済ませるなどの対応をすれば、続けることは十分可能です。

 

炭水化物を冷やして食べてるのは、最初は抵抗があるかもしれませんが、慣れてしまえば、平気です。炭水化物を冷やすことにより、確実にダイエット効果がありますので、ダイエットを志している方は、是非試してみて下さい。