運動系と食事系のダイエット方法の使い分け

運動系と食事系のダイエット方法の使い分け

さて本日はダイエット方法についてのお話になりますが、世の中には多数のダイエット方法がありますが大きなくくりとしましては食事系と運動系の2つになります。

 

ですので最初にどちらかの方法を選ぶ時にはキチンと自分の生活環境に合った方法を選ばないと結果が出にくかったり途中で方法を変えないといけない状況に陥ってしまいます。

 

ではどの様に食事系と運動系の使い分けをするべきかですが、基本的に昔運動をやっていて今は止めてしまったことで体重が増えてしまったと言う方は食事系の方法を実施した方が良いでしょう。また昔に比べて食事の量は変わらないのに体重がが増えてしまったと言う方には運動系のダイエット方法をお勧めいたします。

 

これはどの様なことかと言いますと過去に運動をやっていた方が太ってしまったと言うことは現在はお仕事が忙しくてなかなか運動を行う時間が無いと言う場合が多いと思いますので、その様な場合には食事の量や食材、またはバランスを考えながら食べることでカロリー摂取を控えることでダイエットを行うことができるのです。

 

特に35歳を過ぎるとだんだんと代謝活動が弱まって来ますので唐揚げやフライ系をメインとした揚げ物の摂取には気をつけて、なるべく煮物や豆類などの食物繊維や良質なタンパク質を摂取する様に心がけましょう。また以前と同じ量の食事量を食べているのにも関わらず最近太って来たと言う方に関しては代謝活動が落ちてきた可能性が高いです。

 

これは加齢と共に基礎代謝が落ちることが関係しますし、また筋肉量が落ちたことによる代謝の低下が理由になる場合もありますのでこのパターンの場合にはウォーキングや軽い筋肉トレーニングを行って体に筋肉を付けることで代謝活動を高める方法をお勧め致します。

 

そして社会人になってからはなかなか運動の時間が取れないという方につきましては、スポーツジムにまで行かなくても普段からなるべく階段を使う様にしたり、ご自宅で腕立て伏せや腹筋、背筋を行うだけでも全然違いますので是非一度試してみて下さい。

 

この様に皆さまの生活パターンや太った経緯によってダイエット方法を選ぶようにしてみましょう。